banner

合同会社で法人設立

合同会社として法人設立するメリットとデメリット

法人設立をするときには、まず会社の種類を選ばなければなりませんが、日本では株式会社を選択する人ともに、合同会社を選択する人が多くいます。では、合同会社で法人設立をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、設立費用が安いというメリットがあります。株式会社に比べるとかなり安いですから、費用を抑えて法人設立をしたい人にとって適したものだと考えられます。費用面で言えば、法人設立後にもメリットはあります。なぜかというと、会社組織そのものがシンプルだからです。

株式会社は、株主が存在して取締役が存在するというように、出資する人との経営をする人とが異なる場合があります。このような場合を想定して組織が作られていますから、利害関係を調整することができるように、色々なことを定めています。多くのことを定めていますから、例えば、株主総会を開催しなければならなかったり、決算公告をしなければならなかったりと、色々と面倒な手続きをしなければならないのです。そのため、会社を維持する費用もかかってくると言えるでしょう。

合同会社は、どちらかというとシンプルな設計になっていて、株主総会や決算公告の義務がありません。そのために、手続きの面でも楽になりますし、費用の面でも楽になるというメリットがあります。一人で設立する場合には、できるだけ余計な業務をしたくないというのが経営者の本音でしょう。シンプルな設計になっていると言うこと自体にメリットがあると考えられるのです。

メリットは色々あるのですが、デメリットもあるという点に注意しておきましょう。一人で出資して、そしてその一人が経営を行うと言うときには、デメリットはあまりありません。しかし、規模が大きくなってくると色々な不具合が生じるという点にも注意しておかなければならないのです。

そのデメリットの一つが意思決定です。複数の社員がいる場合には、それぞれが議決権を同じだけ持っています。株式会社のように、株式の保有数に比例するわけではありません。ですから、社員間で対立が起こると意思決定が行えなくなり、経営が困難になることもあり得ることです。

社員を増やさなければ問題はないわけですが、規模が大きくなってくれば資金調達のために出資を募らなければならないこともあります。このようなときにはどうしても社員を増やさなければならないのです。そうなった段階で株式会社に移行するというのも良い方法だと言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 法人設立から営業開始までのポイントAll Rights Reserved.