banner

法人設立が可能な曜日

土日には法人設立ができません

土日には法務局が開いていないために、法人設立はできません。祝日や年末年始なども同じように法務局が開いていませんから、この日に法人設立をすることはできません。これが大問題になることは考えにくいでしょう。月曜日になってから手続きをすれば良いだけですから、それが理由で何らかのデメリットが生じると言うことは考えにくいです。あり得るとすれば、設立日にこだわりたい人にとってはデメリットになるかも知れません。

法人設立の日は登記簿に記載されることになりますが、これは登記申請を行った日になります。登記申請を行った後に、謄本を取れるようになるまでには一定の期間があるのが普通ですが、それとは関係なく登記申請を行った日になります。ここに影響してくると考えられるのです。

会社経営を考えた場合には、これが何らかの問題になる事はないのですが、会社の設立日はずっと会社が存続する限りずっと残るものとなります。記念日として扱われることになるのですから、こだわりたいという人もいるようです。例えば、3月決算の会社を作るときには、4月1日を設立日にしたいと考える人もいるでしょう。このようなときであっても、4月1日が土曜日や日曜日になっていれば法務局が開いていませんから、できないのです。ですから、こだわりを持っている人の場合には、その日に法務局が開いているかどうかを調べておくのが良いと考えられます。

余裕があればこのようなことにこだわるのも良いのですが、余裕がないのならあまりこだわるべきではないでしょう。それよりも経営を成り立たせることの方が優先するべきだと考えられます。素敵な日に登記申請を行い、登記簿謄本に記載されたからと言っても、経営が成り立たなければ意味はなくなるのです。

法人設立をした日として登記簿に記載されるだけですから、これを会社の記念日にしなければならないわけではありません。例えば、ある大手商品メーカーでは、登記簿に記載されている人は別の日に記念日を持ってきています。例えば、創業記念日というようにして、別にして扱っているのです。

会社としてみれば、登記をした日が特別大事だというわけではないでしょう。すでに個人事業として経営が成り立っている場合には、法人成りの日は単なる通過点にしか過ぎません。最初に個人事業として始めた日のほうが大事だと考えられます。このようなことを考えた場合、登記をする日にこだわる必要はないと考えられます。

Copyright(c) 2014 法人設立から営業開始までのポイントAll Rights Reserved.