banner

電子認証で費用を安く

電子認証で法人設立の費用を安くする

電子認証の制度が導入されたのは、インターネットがこれほどまでに普及してきたことを考えれば必然的なものだとも言えるでしょう。この制度の導入によって、法人設立にかかる費用が安くなりました。法人設立のハードルが下がったと言えるでしょう。

具体的にはどのように変わったのかというと、法人設立の場面では定款の作成と認証の申請を電磁的に行うことができるようになったことが大きな変化だと考えられます。定款というと、以前は紙で作成しなければなりませんでした。パソコンで作成した場合でもプリントアウトすることが必要とされたのです。パソコンを使って電磁的に作成されているわけですから、それをそのまま電磁的に提出できるようになったのは自然な流れだと考えられます。

紙に印刷した定款を提出する場合には、収入印紙を貼ることが必要とされるのですが、電磁的に作成した場合にはこの収入印紙が必要ありません。そもそも、データとして提出するわけですから、収入印紙の貼りようがないのです。貼ることができないから不要になったというわけではないでしょう。恐らく電子認証を促進するためのインセンティブとして収入印紙が必要なくなったと考えられます。

収入印紙の金額は4万円ですから、これだけ安くなれば非常に魅力は大きいでしょう。ただし、電子認証の手続きを行うためには、まず定款を電磁的に作成するためのソフトウェアが必要となります。また、電子証明を取得することも必要となってきます。そのためには少なくない費用がかかります。一度きりの法人設立のためにこれらの費用をかけるのは得策ではないでしょう。

では、どうすれば安くなるのかというと、これを行ってくれる業者に依頼するのが良いと考えられます。最近ではかなり安い料金でこの手続きを請け負ってくれる会社もあります。1万円を切っていますから、これを利用して4万円を節約しても、それでも3万円以上のコストダウンを図ることができます。

これによって法人設立にかかる費用はかなり安くなったと言えるでしょう。これによって法人設立のハードルは低くなったと考えられます。会社法が改正されたことも大きく影響していて、かなり安い費用で設立ができるようになったのです。企業を促進して新しい産業を生み出すことが政府の目的だと言えるでしょう。経済の活性化が必要とされている日本でこのような制度が導入されたのは、新たな産業が必要とされるようになったからだと言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 法人設立から営業開始までのポイントAll Rights Reserved.